男性だけでなく女性も活躍できる職場にするには

女性が活躍できる職場にするためのポイントを3つ紹介します。

1つ目は、仕事とプライベートを両立できる環境を整える点です。
特に出産や育児との共立が重要となります。
妊娠期はつわりや予期せぬトラブルで、生産能力が低下する場合もあります。
そういった場合のフォロー体制を整えることで、本人にとってだけではなく周囲にとっても働きやすい環境となります。
また未就学児がいる場合は、短時間勤務などの制度を使い、育児に集中しやすい雰囲気づくりも大切です。

2つ目は、男性の休暇取得を推進していく点です。
最近は男性も積極的に育児に参加する人が増えてきました。
会社もこういった男性が、育児のための休暇を取りやすい仕組みを考える必要があります。
男性が休みを取ることで、妻の負担が軽減でき、女性が活躍できる社会への繋がります。
また男性向けの制度を整えるだけでなく、具体的な数値目標を設定し、取得を推進していくことが大切です。

3つ目は、女性ならではの視点を活かしていく点です。
まだまだ男性社会の日本ですが、女性が持つ柔軟性や独自の視点から物事を考えることで、思いがけない発見もあるはずです。
プロジェクトを立ち上げる際は、男女混合のチームを組み、様々な年代のメンバーが入ることで議論も活発となるでしょう。

これらのポイントを押さえることが、いま企業側には求められています。
そしてその実現により、女性が働きやすく、活躍できる職場となるのです。