IT業界で活躍したい女性の心構え

女性活躍推進法が制定され、それを要因の一端として職場で働く女性の割合は拡大傾向にあります。
多様性を尊重するダイバーシティ化をはじめ、少しずつ女性も活躍できる環境が整いつつあるのです。

女性が活躍できる環境づくりはIT業界でも行わており、特にダイバーシティ化は進んでいると言えるでしょう。
しかし、IT系エンジニアの仕事の中には女性には不利だと考えられがちなものも、依然として多く残っているのは事実です。
例えばIT系エンジニアの入口とされる機器の運搬・設置や夜勤なども多いサーバー管理の仕事は体力勝負なので、男性の方が向いていると考えられがちです。
さらに、出産や子育てなどで仕事の日程や内容などの調整を迫られるシーンが多いことから、女性を雇用することに二の足を踏む企業は未だに根強く存在しています。

一方で、IT業界でステップアップしていくためには、そうした男性向きとされる仕事もこなしていかなければならないのも事実です。
そのために、まずはしっかりとした心構えを持っておくようにしておきましょう。
「体力勝負」と言っても筋量を問われる仕事は少ないため、ホルモンバランスまで考慮に入れた栄養管理やより充実した生活習慣を送れるようにしておけば、IT業務で必要になる体力は女性でも十分備わります。

また、出産や育児を見据える場合は休職と復職をセットでとらえておき、仕事の引継ぎがスムーズにいくように整理を心がけておくようにすると良いでしょう。
昨今は育児休暇に理解がある企業が増えてきているため、業務に支障が生じないように手配しておけば、案外スムーズに復職まで漕ぎ付けることができるはずです。